いい塩梅で

murataki.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 12日

器を使っていただくことになりました

東京で数店舗展開されている鉄板焼きのお店OSAKAきっちん。の新店、dessemasse銀座店さんで6寸リム皿と薬味皿を使っていただくことになりました。

c0263832_22202190.jpg




6寸皿は蛸唐草でと文様の指定をいただき、初めて蛸唐草を描きました。
本や美術館で目にする度に蛸唐草は難しそうだなぁと思っていましたが、実際に描いてみて、これは大変な仕事だとこれまで以上に感じました。

ご希望には間に合わない期日でしたが、一筆描きのタイプよりも外枠を濃い線で描いて中を若干薄めの呉須で濃み(ダミ:塗りつぶす)する蛸唐草にどうしてもしたかったので、我を通して数日間ひたすら絵付けに励みました。

c0263832_22170253.jpg

塗りつぶしたい部分に濃みをするには、筆をべたっと押し付けて塗りつぶすわけではありません。
筆先からぽたっと絵の具の水滴を器の生地に垂らし、水滴の表面張力を利用して生地には触れないように筆先で水滴を誘導しながら
塗りつぶしていきます。
最初に筆に含ませる絵の具の濃度はもちろん、濃みする誘導スピードによっても発色の濃さが変わってきます。
(ゆっくり動かせばその分生地が絵の具を吸い込むため、濃く発色します)
また、枝分かれした部分に水滴を誘導してから本線に戻る間、水滴が留まっていた部分は濃く発色します。
入り組んだ部分や広い面積を濃みするにはどうしても色ムラが出てしまい、色ムラなく濃みをされている器は高い技術力を備えた絵付師による仕事ということになります。
(私は全然ダメです・・)
今度濃みされた器を目にする際にはそういった点に注目して見るとまた面白さが増すのではないでしょうか。

濃みだけでなく、唐草の幅と余白の幅が同じくらいが綺麗に仕上がるとか、
今回の蛸唐草の外枠線の幅が丸い水滴の幅ギリギリで枠から水滴がこぼれ出そうになり、
あぁ枠線の土手はもっと濃い呉須で描かなければいけなかったんだとか
描きながら色々と気が付くことが出来、今回このタイミングで蛸唐草指定の注文をいただけたことにとても感謝しています。

c0263832_22154659.jpg

dessemasseさんは会員制のお店ということでしたが、もしお食事をされる機会がありましたらぜひ器もお楽しみくださいませ。

c0263832_22194083.jpg

c0263832_22174506.jpg

c0263832_22192114.jpg

dessemasse
〒104-0061東京都中央区銀座3-9-4
第一文成ビル B1F

[PR]

# by maramarata | 2017-07-12 22:14 | 取り扱い店舗 | Comments(5)
2017年 05月 20日

新しく取り扱っていただくことになりました

4月から大阪堺市の『器と暮らしの道具のセレクトショップsizuku』さんで新しく取り扱っていただくことになりました。

といっても三菊唐草文5寸皿・6寸皿と網目文湯呑みの3アイテムのみの納品ですが、
笠間・益子という枠と全く関係なく選んでいただいたことが、個人的にはとてもとても嬉しいことでした。

昨日webshopにUPしてくださったので、ぜひご覧ください。

c0263832_20300039.jpg
c0263832_20302953.jpg




[PR]

# by maramarata | 2017-05-20 20:31 | 取り扱い店舗 | Comments(2)
2017年 05月 17日

益子陶器市、東京豆皿市ではありがとうございました

c0263832_23515327.jpg

お礼が遅くなりましたが、5月7日に益子陶器市が無事に終わりました。
今回も沢山のお客さまにお越しいただき器を選んでいただけたこと、とても嬉しく思います。
本当にありがとうございました。
今回色々と頑張ったことに対してすぐにお客さまの反応が返ってきて、わーい!これからまた頑張ろう!とパワーをいただきました。
(これまでは1年ほどしつこく出し続けてもうやめようかな・・という頃に売れ出していたので)


また、事後報告となりましたが、5月13・14日と開催されていた東京蚤の市の中の東京豆皿市に出品しておりました。
今回から豆皿に加えて箸置きもとのことで、これまで以上に盛況だったのではないかと思います。
お手に取ってくださった皆さま、ありがとうございました。


先日、益子のG+OOさんとネットショップのうちるさんにたっぷり納品しました。
うちるさんは陶器市の買い付け品のアップに少し時間がかかると思いますが、よろしければチェックしてみてください。

c0263832_23521624.jpg

陶器市直前に撮った桜は今や跡形もなく、益子町内は緑で青々としていて少し時差ぼけしている感覚です。
秋以降のことを考えたら、今のうちに色々と進めていかなければいけませんね。
いつまでもノロノロしていないで頑張ります!








[PR]

# by maramarata | 2017-05-17 23:51 | 陶芸のこと | Comments(0)
2017年 04月 22日

2017益子春の陶器市

気付けば陶器市まで1週間を切っていました。
今は3回目の本焼きが冷めるのを待ちながら、最後の窯の絵付けをしている段階です。
もう脳がビーンとゴムのように両方向へ引っ張られているような感覚で、このままぼーっとした状態で陶器市に突入して大丈夫だろうか・・とそれだけが心配です。
ブログで陶器市のことをしっかり告知をせねば・・と書き出しましたが、全然頭が働かないので情報を。

2017益子春の陶器市
期間:4月29日(土)~5月7日(日)
出店エリア:路地裏テント内 
テント名:『素子さん』
時間:土日祝日は8時~、雨天の場合と平日は9時~、※最終日は2時か3時くらいまで


初日2日目の午前中は混雑が予想されますが、午後は比較的ゆっくりとご覧いただけます。
朝一番に並ばなければ何も買えないということはないと思いますので、一期一会を楽しんでいただけたら嬉しいです^^
今年も『素子さん』をどうぞよろしくお願い致します!


今回いくつか型打ちの器を持って行きます
4寸小鉢

c0263832_23515820.jpg

[PR]

# by maramarata | 2017-04-22 23:51 | 陶芸のこと | Comments(7)
2017年 01月 20日

ありがとうございました。

2日より開催しておりました個展が本日無事に会期を終えました。
年始のお忙しい中お越し下さった皆さま、誠にありがとうございました。

今回の個展では染付けの器に絞って並べようと決め、12月の上旬からひたすら絵付けに励んだ日々が遠い昔に感じます。
日常の食卓で活躍しそうな普段使いの器と、売れる売れないとか値段などを全く考えずに時間をかけて思い切り描いた器と、今の私を見ていただけたのではないかなぁと思います。

ただ、在廊しながら会場を眺めてみるとまだまだバリエーションが少ない!と痛感しました。
今年はよりアイテムを充実させていきたいと思います。

c0263832_00101472.jpg


[PR]

# by maramarata | 2017-01-20 00:09 | 展示会のこと | Comments(4)