人気ブログランキング |

いい塩梅で

murataki.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2015年 06月 22日

筆運びのこと

たまには真面目に仕事のことを。

仕事で染付けをしていますが、実は絵を描くことは苦手です。
というより、センスゼロ、全く描けなさすぎて笑えます。
こんな私ですが、あるとき友人が貸してくれた筆で線を描く楽しさに目覚め、ただ好きというだけでここまでやってきました。
独学の絵付けなのでひどいものですが、下手くそゆえ、器も緊張せずに気軽に使えて愛着がわくのでは・・とポジティブに考えるようにしています。


こんな感じで15cmくらいの至近距離で筆先を凝視しながらの作業。
c0263832_21530401.jpg

筆がしなると線の太さが変わるため、なるべく筆先を立てたまま、しならないように運びます。
かといってゆっくり筆を運べば、生地がぐんぐん絵の具を吸い込んで濃くなり、すぐにかすれてしまうので、スピーディーさが必要です。
また、お皿なら内側に、カップや丼なら外側に湾曲しているので、紙に描くようにはいきません。
1本の線を描くあいだに、器の湾曲に合わせて、器と筆先の距離を近づけたり離したりして線の太さが変わらないようにしています。

この間驚いたのが、半円3本を描き終えたら無意識に左手は器を、右手は筆をクルッと回転させていました。
続けて描くと筆先が平らになって太い線になってしまうので、無意識のうちに筆先を回転させて常に細い線が描けるようにしていました。
脳みそとは別に、手は手の感覚ですべきことをわかっているようです。


by maramarata | 2015-06-22 21:52 | 陶芸のこと
2015年 06月 16日

あっという間

もう6月も半ばです。早い…

器をひくときに固めの粘土の方がうまくひけるからと、練るのが大変なくらい固めで土練りをしていたら、腱鞘炎になりました(°_°)チーン…
荒練りでぐっと力を入れる度に『ずきいぃいぃいぃん』と木槌で手首を叩かれるような痛み。
その度に手首を押さえ、千と千尋の顔なしのごとく(あぁ、おぅ、うぁ…)と声にならないうめき声を発していました(笑)

気付いたことは、粘土が練れないと仕事にならないということ。
ブレンド&菊練り済みの粘土がないことには何も始まらない…
何も出来ないから、ただただ焦る。
手は大事にしないと!と痛感しました。


c0263832_21562601.jpg

手が痛くなる直前、ルーシーリー展ではしゃいで撮った1枚。
このときは手が痛くなって仕事にならなんて想像もしていなかった(笑)
何事も過度にやり過ぎてはいけません。





by maramarata | 2015-06-16 21:37 | 陶芸のこと